不倫の出会い

不倫と言う言葉に該当するかどうかはともかく、当時、彼女は人妻だったから、まさに不倫の出会いでしたね。
彼女はインターネットのチャットサイトの人気者でした。今みたいにビデオ通話とかもありませんでしたから、テキストのみのやり取りでしたが、彼女はユーモアもあって何よりも一言一言がかわいらしい。レスもこまめにしてくれましたし、その頃は彼女がオンラインしてくるのをひたすら楽しみにネットしてました。
その内に、そのサイトで仲が良かった数名でリアルに会おうと言う話になったんです。その話に彼女も乗ってきたんですよ。その当時は彼女は長野県に住んでいたのですが、わざわざ東京まで出てきてくれましたね。まあ、お互いの顔も素性も知らないネットなんでね、どんなブスが現れるかなんて思っていたのですけど、これがまた、美人さんで僕の好みにストライクだったのですよ。性格がタイプであることはチャットで知っていましたから、もうリアルで彼女に夢中になりましたね。
人妻が男性と不倫する方法
ただね、人妻だったんです。それが僕の口説きたい気持ちに歯止めをかけました。やっぱり、人妻には手を出せませんよ。願わない不倫の出会いでしたね。ああ、〇〇さん、なぜ、キミは人の妻なんだ・・・と運命を呪いましたよ。
でも、積極的だったのは彼女の方だったんです。結局、満たされない夫婦生活への不満からインターネットを始めたという流れがあったようで、リアルに会っても常に旦那さんへの不満は漏らしていました。そんな彼女を慰めている内に妙なムードになってセックスもしましたね。彼女の不倫に加担してしまったんですよね。
でもね、その後さえしっかりしておけば、不倫の出会いも正当化されるんです。と言うのも、その後すぐに彼女は離婚しましたね。僕との不倫がきっかけになったかどうかはわかりませんが、しばらく彼女と交際して、今では僕と再婚して子供まで出来ています。
好きになった人が人妻だったら、自分の妻にしてしまえばいいんですよ。だから、不倫の出会いも捨てたもんじゃないんですよね。
セックスフレンドの作り方
セックス依存症

乳首イキ

 キャンパスの女友達、玲香が俺の住むワンルームマンションに遊びに来た時のことでした。
酒を飲みながら話していたせいか、下ネタで盛り上がるようになりました。
「玲香は乳首イキとかある?」
「ナニそれ?」
「乳首で絶頂感じるやつ」
「ありえないでしょうオッパイで」
「ところが、実際乳首イキってあるんだよ」
「嘘だね」
「ガチだよ!、俺も前のセフレで、やった事があるんだよ」
「絶対うそ」
「なら、試しにやってあげようか?」
もちろん冗談交じりでしたけどね、玲香は「いいよ」なんて返事くれちゃって、ビックリ仰天でした。

 夏の暑い日だったから、玲香はTシャツ。
Tシャツの上から、彼女のオッパイをゆっくり触っていきました。
ちなみにこの子、Dも乳房の膨らみがあるから、揉み応えは凄い。
しばらくシャツの上から触った後、ブラをずらす。
すでに勃起している乳首が、Tシャツに浮いていました。
Tシャツの上からコリコリ乳首を責めて行く。
「いい感じするだろう」
「う、うん」
相互オナニーを続けていたオナ友とセフレになる瞬間を体験
「乳首イキとかありじゃね?」
「分かんないよ…」
たっぷりと服の上から刺激をした後は、Tシャツの中に手を突っ込んで、直接彼女の乳首を刺激。
「はぁん、もう、変な気分だよ」
「ほら、乳首イキしていいんだぜ(笑)」
「いきなりなんて無理(笑)」
「そんじゃ、クリちゃんも弄ってあげるからさ」
強引に彼女のパンツの中に手を突っ込む。
「やだ、もう(笑)、それ反則じゃない」
そう言いながらも抵抗はしないのです。
玲香の乳首とクリを同時に責めて行く。
彼女の息遣いがかなり荒くなっていました。
オマンコだってびしょ濡れだし、しばらく同時に責めて行くと「逝く」って、絶頂に達してしまいました。
「どうせなら、挿入もさせて」
「挿入はダメ、今日は危険日だから」
「じゃ、口で抜いて」
「いいよ」
あっけなくフェラは許可。
玲香のこってりフェラで、思いっきり口内射精させてもらいました。
チクニー
チクニー

セフレが欲しい

長年付き合っていた彼女と別れたのが去年のことで、それからずっと女性と接することなく生活していました。でもそれも最近になって限界がおとずれ、セックスがしたい欲求が抑えられなくなってきたのです。セフレが欲しいと思いましたが、女友達にそのような欲求をぶつけることはできません。会社の同僚にもセフレが欲しいなどとは言えませんし、どうしたらいいものかと悩んでいたのです。

若いときに一度経験したことのある出会い系を思い出したのは、先月のことです。さすがに30歳をこえて出会い系に挑戦するのは気が引けましたが、それ以上にセフレが欲しいという願望が上回ってしまったのです。セフレ希望の女性の中から、年齢と写真からタイプの女性を選びメッセージを送ります。返事が返ってきたのは翌日でしたが、好意的な印象です。しばらくはメールで連絡を取りながら親睦を深め、それから2週間後に会う約束をしました。
オフパコ

人気の多い駅で待ち合わせをしたので、本当に彼女がやってくるのか不安はありましたが、待ち合わせ時間よりも早く彼女は来てくれました。写真よりも若干劣る印象ではありますが、可愛らしい女性です。まずは食事でもしようという話になったので、近くにあったレストランに入りました。最初こそ緊張感のある時間を過ごしましたが、彼女が率先して会話の話題を提供してくれたこともあって、自然と盛り上がることができました。結局その日はホテルに行くことはありませんでしたが、また会う約束を取り付けるまでは進展しました。次会うときはホテルまで連れ込みたいと思っていますが、これは自分の努力次第だとも思えます。彼女もセフレが欲しいと言っていたので、次は頑張って彼女を抱いてきます!

ツーショットチャット
オナチャット

パトロン探し

大学生の時、自主制作映画作ったことがあるんだ。
あの時、よくお金あったなーと思ったけど、俺はそういうお金のことにはノータッチだったから、よく知らなかったの。
だけど、つい最近、その当時の仲間と集まった時に、他の人たちがパトロン探しに奔走して大変だったって話してて、ちょっとびっくりした。
「あの時、女の子たちがパトロン探ししてくれたからなんとか助かったけど、俺たちだけだとまず無理だったね」って笑ってた。
それで、その集まりに女の子たちが一人も来てなくて、「あいつらどうしたの?」ってふときいたら、「誰とも連絡取れなかった」って。
大学卒業しちゃうとそうなるよねーって軽く考えてたけど、もしかしたら、そのパトロン探しの過程で何か色々問題があったのではないだろうか・・・と心配になってしまったんだよね。
パトロンとは何か意味も知らなかった私の海外留学を支援してくれる人
俺は、制作の方ばっかりで、資金繰りについては別のやつに任せっぱなしにしてたから、よくわかんないけど。
そういえば、会計してたやつもその集まりに来てなかったよね。
パトロン探しなんて簡単に言うけど、当時大学生でよくわかってなかった。
もしかしたら、ものすっごいムリさせてたのかもしれない・・・。
簡単に「あ、予算オーバーしちゃう」とかやっちゃってたからね。
制作してる方が偉い、資金なんて二の次!なんて思ってたけど、社会人になってまず資金が第一ってことに気づいたよ。
それで、なおのこと、よく大学時代に作品作れたなと感激しなおした。
他の人たちにパトロン探しなんてさせておいて、よく平気で現場仕切ってたよな、俺。
パパ活
デブ専

裏垢女子

今は、もう過去の話なんだけど、ちょっと前の話な。
実は、中学生と付き合ってたの。ネットで知り合ったから、最初は中学生とは思わなくてさ。
その子、裏垢女子で、エロイ動画とか写真とかもアップしてて、ぱっと見、二十歳くらいかと思ったてたから、まさか中学生とは思わなくて。
中学生で裏垢女子はいないだろうとは思ないけど、実際にエッチな裏垢女子は中学生はいないとどこかで思ってたんだよな。
俺は、高校行ってるけど、同級生でも裏垢女子とかいないし、そういう噂もない。
さらに、周りを見渡しても、裏垢女子みたいにエロい女が同級生にいねーし。
セフレ JC
だから、そういう裏垢女子は自分より年上で経験豊富なんだと信じて疑わなかったわけ。
だけど、その裏垢女子と連絡取り合うようになって、ちょいちょい出してくる情報をつなぎ合わせると・・・
中学生なんだよな。
体育の授業の時、先生がエロイ目で見てくる、なんて話をしてて、どうもその体育の授業の内容が中学生っぽいんだわ。
もちろん、俺だって、そんな義務教育中の女なんかに手を出す気はなかったけど・・・
どっちかというと、年上の裏垢女子に手取り足取り教えて欲しいという願望はあった。
女子中学生に「女のカ・ラ・ダ」なんて教えて欲しくねーよ(笑)
んで、はっきり「もしかして中学生?だとしたら、困る」みたいにメッセージ送ったの。
そしたら、「違うよー」って返って来てたけど、それ以来前みたいなやり取りはできなくなってきて。
結局、付き合ってる、みたいなイチャイチャな時期はほんの一瞬だったんだけどね。
口内射精
フェラの練習台

車内フェラ

車内フェラ、無理やりさせられそうになったことがある。
サークルの先輩なんだけど、車で送ってあげる!とか言うから、お願いしたの。
一時間くらいで着く距離なのに、全然家にたどり着く気配がなくて・・・
道迷ってるのかなって思って「そっち方向じゃなくて、あっちです」とか道教えてあげてるのに、どんどん違う方向に来ちゃってさ。
とうとう山が見えてきた時は、「この先輩、頭大丈夫かな」と思った(笑)
田舎の方に行くと、ラブホが多いでしょ?
その先輩「ちょっと寄って行かない?」なんてふざけたこと言い出して、さすがキレないとヤバいと思って、大げさにキレてみたわけ。
「もういいです、最寄の駅で降ろしてください。電車で帰りますから!」って。
先輩も冗談半分だったのかもしれないけど、いい迷惑だよね。
「車内フェラだけでも・・・ダメ?」とか言い出して、もう何言ってるんだか!腹が立ってさ。
車内フェラ
自分から送るってほぼ無理やり私のことを車に乗せて、それで勝手に道間違えて、それで帰る時間も遅くなって、さらに車内フェラ要求って何?
「親に迎えに来てもらうんで、もういいです!」って怒って見せたら「大丈夫だよ、ここからならあと30分で着くし!」って慌てて送ってくれたけどね。
あわよくばラブホでしっぽりとか考えてたんじゃないの?
そういうタイプじゃないって分かったから、ダメもとで車内フェラ要求してみたけど、それも無理って分かったら、なんかすごく嫌な雰囲気になっちゃったけどね。
まぁ、それはそっちの勝手でしょ?簡単に車内フェラくらいって思ってたのかもしれないけど!相手見てモノ言えってことだよね。
セフレの作り方
セフレが欲しい

JCとの援交

今から20年ほど前、ちょうど社会人2年目くらいの話だ。
当時、僕は。リアルの友人から紹介されたインターネットの某ゲームにハマっていた。
ゲームそのものも面白かったのだが、それよりも集っている人たちとのコミュニティーが心地よかったのだ。
皆、ハンドルネームで身元も年齢もわからない。本人が言わない限りは性別さえわからない。だが、余計なバックボーンを感じず、それがまたよかったのかもしれない。
僕と友人は、ゲームの中で自ら創作したキャラクターで、夜な夜なチャットを楽しんでいたものだ。
やがて、誰ともなしにオフ会をやろう、という話になった。当然に行きつく流れである。
プライベートでは地味な僕は、ネットと現実のギャップで皆をがっかりさせるのではないかと躊躇したが、友人の強い後押しもあり、一緒に参加することにした。
もっとも、危惧以上にこの人たちに会ってみたいというワクワク感の方が強かったのだ。
そして、時間と都合の合う10人くらいが、幹事の号令の下に都内の居酒屋に集った。
男だと思っていたやつがきれいなお姉さんだったり、またはその逆だったり、結構なおっさんもいたり、ギャップさえもネタになる面白いオフ会になった。
その中で、ひとり気になる女の子がいた。真っ白のワンピースを着た絵本から抜け出てきたようなかわいい女の子である。何と彼女はJCだった。
そして、彼女が、実は僕がネット上で一番仲の良かった子であることを友人から教えてもらった。
JC 援助交際
僕が勇気を出して挨拶すると、彼女はリアルでの僕との出会いを素直にシェイクハンドしながら喜んでくれた。
しかし、年齢を知らなかったとはいえ、JCを居酒屋へ連れ込んでいることはまずい。更にこうして手を握り合っているなんて、今で言うJCとの援交ではないか。
ただ、話をしているうちに、僕は複雑な気持ちを抱きながらも、彼女に心が傾いていく自分もまた感じていた。しかし、相手はJCなのだ。
僕の悩みを察した友人が「あと10年もすれば彼女も立派な大人になるんだから」と、僕の背中を後押ししてくれた。
こうして、僕たちは付き合い始めた。JCとの援交ではない、清く正しい交際だ。彼女が成人して、僕の気持ちが変わらなければプロポーズさえありだろうと思った。
それから20年、僕は未だに独身のままだ。
ちなみに、その彼女は、僕を後押ししてくれた友人の奥さんになっている。友人は、あんなことを言っておきながら、裏ではちゃっかり彼女と援交していたらしい。
そして、今、僕は、あの時に援交しておけばよかったなあ、と思いながら、出会いサイトでJCとの援交をしている日々である。
ノンケとの出会い
車内フェラ

相互オナニー

宅配の仕事をしています。あと一件で配達をすれば終わりなのですが、家の中からは音がするのに呼び鈴を鳴らしても出て来ません。ちょうどカーテンの隙間から家の様子が見えたのでちょっと覗いてみると、女性が淫らな格好になってオナ二をしていました。私は目を奪われてその場から動くことが出来ませんでした。そのせいか、私の視線を感じ取り女性と目が合いました。私は宅配物を見せると女性はカーテンを閉めて、玄関の扉を開けてくれました。
オナニー ライブ

「ごめんなさい。気づかなくて。」「いいえ、ここにサインをお願いします。」「あの、時間ありますか。良ければ相互オナニーをしませんか。」突然のことに驚いてしまい私はあたふたとしていました。「嫌ならいいの。急に相互オナニーしたいと言って困るわよね。ごめんなさい。」「大丈夫です。でも俺なんかでいいの。」「あなたでいいの。中に入って。」そう言って彼女の家に入りました。そして、彼女は私の前でまた淫らな姿になりました。「見ててね。私がやってる姿を。」彼女は自分の手で胸を揉んだり、アソコを触ったり、私に見られていることもあって感じているのか、喘ぎ声も出しました。私もズボンを下ろし自分のアソコを擦り出しました。「大きいわね。もっと見せて私に。近くで見せて。」彼女の近くで擦る私。相互オナニー初めてだったけど、すごく気持ちいい。直接彼女とやりたくて仕方がありません。それは彼女も同じ気持ちだったみたいで、俺に触れて来ました。
セフレの作り方
セックスしたい

パトロンとは

私はパチンコ屋でアルバイトをしています。働き始めて3年が経ち、お客さんからも可愛がられています。「まりちゃん、前回パチンコで勝ったお金でまりちゃんが欲しがっていた財布あげるよ。」「嬉しい。でも他のスタッフにはあげたことを内緒にしてね。」「もちろん。俺はまりちゃんのパトロンだからね。」パトロンとは何だろうとこの時思いましたが、パトロンとは何とあえて聞かずに私はそのプレゼントに心から喜びました。

それから数ヶ月後の事でした。そのお客さんがやけに沈んだ顔になりながらパチンコをしていました。「どうかしましたか。」「俺はもうまりちゃんのパトロンには慣れないかも。」パトロンとは何かまだ分かっていなかったけれど、多分、私に支援してくれる人かと思い話を合わせました。「パトロンなんていりません。また、元気な姿を見られればそれだけで十分ですよ。」「本当にまりちゃんは良い子だな。俺のこと好きか。」「はい。」その返事に喜んでいるお客さんだけど私は店と客という付き合いでの意味でした。
パトロン

ところがお客さんはそう受け取ってくれなく、この日を境に毎回デートの誘いをするようになりました。予定があると言っていつも断っているけれどそれも限界を迎えました。しまいには婚姻届まで持ってきて私は恐怖に感じました。

後日、店長に私が店を辞めるか、お客さんの出入りを禁止するかを決めてもらい、お客さんの出入りを禁止してもらいました。だけど、店の外で待ち構えたりするので恐怖が続いています。
パパ活掲示板
パトロン募集

愛人募集

愛人募集をしたところ、すぐに連絡をくれた20歳の看護婦。今までも愛人募集をしている男性の元を転々としていたというので、早速会ってみることにしました。まずは居酒屋で待ち合わせをし、どうして愛人になりたいのか聞くと、今までの学費の返済で月々の生活が苦しいとのこと。でも看護師という職業柄、呼び出しにいつも応じることができず愛人生活が長続きしないと悩んでおりました。私としては彼女の都合のいいタイミングでセックスをさせてくれれば満足ですので、問題ありません。次にいつ会えるか確認すると3日後であれば大丈夫だというので、その日にホテルで会う約束を取り付けました。
チャットセックス

3日後看護婦の女性は仕事終わりにホテルへやってきました。今まで患者のお世話をしていた彼女がどのようなセックスをしてくれるのか、私も興味津々です。まずはお風呂に入りたいという彼女を先に入浴させ、私も数分後にお風呂場へ入りました。すると彼女は何も言わずに、私の股間へ顔をうずめます。そして私の反り立ったちんこを迷うことなく、口に含んだのです。過去に愛人募集を何度も経験している彼女は、私の顔色を見ながら手の動かすスピードを調節します。裏筋を丹念に舐めたり、やさしく先端を舐めたりとなかなかのテクニックです。さすがの私も彼女の口の中に射精してしまいました。

次は私が彼女の体を味わう番です。胸は決して大きくはありませんが、小さな乳首で少し刺激を加えるだけでピンと勃起しました。乳首を触られるのが気持ちいいらしく、腰をくねらせています。私は彼女の乳首を口の中に含ませながら、そっと股間に手を伸ばします。するとすでに太ももまで愛液が流れ落ち、ピクピクとマンコを痙攣させています。そのまま挿入し、立ちバックで2人とも昇天しました。
テレセ
オナ指示