相互オナニー

宅配の仕事をしています。あと一件で配達をすれば終わりなのですが、家の中からは音がするのに呼び鈴を鳴らしても出て来ません。ちょうどカーテンの隙間から家の様子が見えたのでちょっと覗いてみると、女性が淫らな格好になってオナ二をしていました。私は目を奪われてその場から動くことが出来ませんでした。そのせいか、私の視線を感じ取り女性と目が合いました。私は宅配物を見せると女性はカーテンを閉めて、玄関の扉を開けてくれました。
オナニー ライブ

「ごめんなさい。気づかなくて。」「いいえ、ここにサインをお願いします。」「あの、時間ありますか。良ければ相互オナニーをしませんか。」突然のことに驚いてしまい私はあたふたとしていました。「嫌ならいいの。急に相互オナニーしたいと言って困るわよね。ごめんなさい。」「大丈夫です。でも俺なんかでいいの。」「あなたでいいの。中に入って。」そう言って彼女の家に入りました。そして、彼女は私の前でまた淫らな姿になりました。「見ててね。私がやってる姿を。」彼女は自分の手で胸を揉んだり、アソコを触ったり、私に見られていることもあって感じているのか、喘ぎ声も出しました。私もズボンを下ろし自分のアソコを擦り出しました。「大きいわね。もっと見せて私に。近くで見せて。」彼女の近くで擦る私。相互オナニー初めてだったけど、すごく気持ちいい。直接彼女とやりたくて仕方がありません。それは彼女も同じ気持ちだったみたいで、俺に触れて来ました。
セフレの作り方
セックスしたい

パトロンとは

私はパチンコ屋でアルバイトをしています。働き始めて3年が経ち、お客さんからも可愛がられています。「まりちゃん、前回パチンコで勝ったお金でまりちゃんが欲しがっていた財布あげるよ。」「嬉しい。でも他のスタッフにはあげたことを内緒にしてね。」「もちろん。俺はまりちゃんのパトロンだからね。」パトロンとは何だろうとこの時思いましたが、パトロンとは何とあえて聞かずに私はそのプレゼントに心から喜びました。

それから数ヶ月後の事でした。そのお客さんがやけに沈んだ顔になりながらパチンコをしていました。「どうかしましたか。」「俺はもうまりちゃんのパトロンには慣れないかも。」パトロンとは何かまだ分かっていなかったけれど、多分、私に支援してくれる人かと思い話を合わせました。「パトロンなんていりません。また、元気な姿を見られればそれだけで十分ですよ。」「本当にまりちゃんは良い子だな。俺のこと好きか。」「はい。」その返事に喜んでいるお客さんだけど私は店と客という付き合いでの意味でした。
パトロン

ところがお客さんはそう受け取ってくれなく、この日を境に毎回デートの誘いをするようになりました。予定があると言っていつも断っているけれどそれも限界を迎えました。しまいには婚姻届まで持ってきて私は恐怖に感じました。

後日、店長に私が店を辞めるか、お客さんの出入りを禁止するかを決めてもらい、お客さんの出入りを禁止してもらいました。だけど、店の外で待ち構えたりするので恐怖が続いています。
パパ活掲示板
パトロン募集

愛人募集

愛人募集をしたところ、すぐに連絡をくれた20歳の看護婦。今までも愛人募集をしている男性の元を転々としていたというので、早速会ってみることにしました。まずは居酒屋で待ち合わせをし、どうして愛人になりたいのか聞くと、今までの学費の返済で月々の生活が苦しいとのこと。でも看護師という職業柄、呼び出しにいつも応じることができず愛人生活が長続きしないと悩んでおりました。私としては彼女の都合のいいタイミングでセックスをさせてくれれば満足ですので、問題ありません。次にいつ会えるか確認すると3日後であれば大丈夫だというので、その日にホテルで会う約束を取り付けました。
チャットセックス

3日後看護婦の女性は仕事終わりにホテルへやってきました。今まで患者のお世話をしていた彼女がどのようなセックスをしてくれるのか、私も興味津々です。まずはお風呂に入りたいという彼女を先に入浴させ、私も数分後にお風呂場へ入りました。すると彼女は何も言わずに、私の股間へ顔をうずめます。そして私の反り立ったちんこを迷うことなく、口に含んだのです。過去に愛人募集を何度も経験している彼女は、私の顔色を見ながら手の動かすスピードを調節します。裏筋を丹念に舐めたり、やさしく先端を舐めたりとなかなかのテクニックです。さすがの私も彼女の口の中に射精してしまいました。

次は私が彼女の体を味わう番です。胸は決して大きくはありませんが、小さな乳首で少し刺激を加えるだけでピンと勃起しました。乳首を触られるのが気持ちいいらしく、腰をくねらせています。私は彼女の乳首を口の中に含ませながら、そっと股間に手を伸ばします。するとすでに太ももまで愛液が流れ落ち、ピクピクとマンコを痙攣させています。そのまま挿入し、立ちバックで2人とも昇天しました。
テレセ
オナ指示

JKとの援交

俺、この春から大学なんだけど、付き合ってる子がまだ高二なんだよね。
これって、JKとの援交になるの?
援助ってことまでしてないけど、一応デート代は俺が持ってる。一応、お互い、好きあってる、と思う。。。
だけど、大学生の立場でJKと付き合ってるって、JKと援交してるって解釈されちゃうことってあるの?
なんか、こえーって思うんだよね。
この間まで俺も高校生だったわけだよ。
で、いきなり俺は大学生になって、大学生になったとたんに、JKとの援交してるイヤらしい大学生って解釈されちゃうのってなんか納得いかなくない?
だって、普通に出会って、普通に付き合ってるだけじゃん。
セックス2回戦
昔から、高校生と大学生のカップルなんてありがちじゃん。
少女漫画にも、そういう組み合わせありがちだよな?
それが犯罪になっちゃうなら、もう男女が出会って付き合うことすら犯罪になっちゃわない?
相手が高校生だからというだけで、犯罪になるなんてちょっと納得できないんだけど。
せめて、お互い納得してるならOKってことにすれば良くない?
俺だって、彼女との付き合いが、JKとの援交みたいに思われるの、すごくイヤだし。。。。
いや、大学に入ってから、彼女の話になって相手が高校生って言うと、一瞬ひやっとした空気が流れるんだよね。
それで、俺、あんまり彼女が高校生って話をしなくなったんだけど・・・普通の付き合いなのに、JKとの援交みたいな目で見られてるのかなと思ったら、急に恥ずかしくなってきちゃって。
彼女のことは好きだけど・・・早く高校卒業してくれないかな・・・。
女子中学生と援交
JCと援交をする

パパ活

この年まで結婚していないのだから、家庭というものに対しては特に思い入れはありません。
ただ、やっぱり、例えばですね、オリンピックで活躍するようなアイススケートの女子選手などを見ていると、こういう娘がいたら自慢だろうなあと羨ましくも思うわけです。
息子はダメですよ。もし、某金メダリストの何とかクンみたいなのが息子だったら、自慢どころか男として才能に嫉妬しますね。
だから、俺は結婚しないんです、いや、できないのか(笑)
そんなわけで、経済的にも余裕があるので、将来に希望がある女の子たちに援助をしています。
こう書くと、すごく聞こえがよくて、自分でビックリしますが、いわゆるパパ活ですよ。
パパ活専門の掲示板みたいなものがあって、そこで、比較的会えそうな女の子をピックアップしてチョイスしています。
昨日も、一人と会いました。
20歳の女子大生で、一緒にお酒を飲んでご飯を食べました。
セフレの作り方
大学では映像学を専攻していて、自主映画も撮っているそうです。その資金稼ぎの一環で、僕のようなパパを求めているのだとか。
彼女がどんな映画を撮っているのかは知りませんが、夢を持つのはいいことです。
将来、彼女が商用映画を撮ってヒットでもすれば、パパになった甲斐があったというものです。
え?きれいごとばっかりって?
そうですね。パパ、パパと言いつつも、そこは男の甲斐性みたいなもんで(笑)、やっぱりかわいい子には援助以上のものを感じてしまいます。
彼女もなかなかのタイプだったので、交渉の上、ホテルで楽しませていただきました。
もちろん、彼女もそれ前提のパパ活だったようで、ベッドの上で存分に演技指導をされました(笑)
そして、また会う約束をして別れました。撮影資金が尽きたら、また僕と遊んでくれるでしょう。
彼女には、僕が渡したお金で、納得のいく映画を撮ってもらいたいものです。これは惑う事ない本音ですよ。
セックスフレンド募集
セフレ掲示板

JKとの援助交際

JKとの援助交際の利点は、相手がバカってことだよな。
それに、いくらエッチの経験があるって言っても、所詮JKだかさ、まだ体が開発されてなかったりすんのよ。
それを一から調教して、俺好みのエロい女に仕上げるのも楽しかったりするわけ。
教えれば、アナルも喜んで提供してくれるしな。
大人の女だったら、なかなかキワモノでもなきゃアナルまでOKしてくれないでしょ?
そういう知識不足なところを言いように言いくるめて、調教できるのがJKとの援助交際の利点かなと思うね。
相手に寄るだろうけど、金も最初はちゃんと払うけど、その後はナァナァで払わなくなっても別に何も言わないしね。
援交しているJK
まだ子どもなんだよね。大人相手に金巻き上げてても、所詮子どもの浅知恵なんだよ。
JKとの援助交際なんて、へたすりゃこっちの身が危ないけど、相手を選べば逆にラクだよ。
適度にエッチに慣れたJKで、ガードも低いのがいいね。
JKとの援助交際をする男をバカにしてるような子だと、俺みたいに調教目的の男に対しては、結構従順だったりする。
色々教えてもらえる!気持ちいい!他の女の子より一歩先を行ってる!みたいな優越感を味わえるんじゃない?
こっちは、それで美味しい思いをしてるわけだけどさ。
JKとの援助交際でも、割り切りとか不特定多数の男を相手にしてるような子だと、いずれ足がつく可能性も否定はできないけど、俺だけを相手にさせれば、そのリスクも半減するし。
慣れれば、自宅に連れ込んだっていいわけだしね。
ワリキリ掲示板
デート援

52歳既婚男性会社経営の愛人契約体験記

結婚から二十数年が経ち、妻との性生活がなくなったことから愛人が欲しいという欲求に駆られ、そんな簡単には見つからないだろうと半信半疑ながらもインターネットで愛人募集をしました。
すると、愛人に興味があるというOLから連絡があり、まずは会って食事でもしながら話をしてみて、愛人契約をするかどうか考えようということになりました。
この時点で私はあまり期待していませんでした。
愛人に興味があるなんて派手な女だろうと考えていたのですが、待ち合わせ場所に現れた彼女は思いの外清楚で、私の好みのタイプで一目で気に入ってしまいました。
こんな可愛い子なら、何も愛人を作らなくとも貢いでくれる男はいくらだっているだろうと思える程でした。
中年太りの妻とは違い、少女っぽさの残る華奢な体にもそそられました。
一人暮らしの彼女は昼間の給料だけでは生活が苦しいらしく、欲しい物も思うように買えない暮らしに嫌気が差して風俗でアルバイトしようか迷っていたそうです。
そんな時、友達から愛人募集をしているサイトがあると教えてもらったそうです。
不特定多数の男を相手にするより、一人の信頼できる男と関係を持つ方が安心だと思ったのだと言っていました。
確かに昼間OLをしているのならば、風俗店に会社関係の男が来ないとも限りません。
お互い様々なことを話し、彼女も私を気に入ってくれたようでその場で愛人契約を締結しました。

彼女が「今日からでいい」と言うので、その後ホテルへ向かいました。
別々にシャワーを浴び、彼女の身に着けていたバスローブを剥がすと小さめの胸が露になりました。
乳首は驚くくらいピンク色で可愛らしく性欲の溜まっていた私は思わずむしゃぶりついてしまいました。
恥ずかしそうな顔であえぎ声を我慢する彼女が可愛くてたまりませんでした。

あれから一年近く経ちますが、恥ずかしがっていた彼女の姿は今はなく、彼女の方から私の上に乗って腰を振るまでに成長しました。
ちなみに私が彼女に渡しているのはOLの給料とほぼ同額です。

35歳既婚男性飲食店店長の愛人契約体験記

貧乏とはではいかないけれど、決して潤沢な資金があるわけでもないわたしがひょんなことから愛人契約を持つことになりました。
相手は自分が店長している飲食店のアルバイトの19歳のカナコ。
とても可愛いカナコはバイト仲間からも注目を集めているぐらいの人気者、見た目の良さといい性格の良さといい、また妙にエロいスタイルしていることもあり引く手あまたって感じでした。
常に彼女と話そうとする男たちを従えている、そんな印象がありましてね彼女も決して嫌な気持ちではなかったようであります。
仕事も真面目ですし言うことなしのバイトでした。
あるときとても落ち込んでいまして普段見せたことのない表情でしたので店長として心配になってしまいましてね、「どうしたんだ」と訳を聞くと付き合っていた彼氏が浮気してサヨナラを言われたと言うんですね。
その日早上がりだったこともあり彼女を食事に誘い元気づけようとしてんですが、それがきっかけで愛人契約みたいな形になってしまいました。
仕事の関係で単身赴任のようになっていまして妻とは別々の生活をしていたのですが、お酒の勢いもありましたから彼女を部屋にあげて抱いてしまったのです。
若くて可愛いそして涙ぐんでいる女性って魔物ですよね、そんな魔力に惹かれてしまいついつい手を出して。
それからはいくらか支払って自分の愛人にしてしまったのです。
バイトの日数を減らして、その分わたしの住んでいる部屋に遊びにこさせまして肉体関係や恋人ごっこを楽しんでいます。
カナコのバイトのシフトが減り他のバイトは悲しんでいますけれど、わたしはとっても満足していますよ。