52歳既婚男性会社経営の愛人契約体験記

結婚から二十数年が経ち、妻との性生活がなくなったことから愛人が欲しいという欲求に駆られ、そんな簡単には見つからないだろうと半信半疑ながらもインターネットで愛人募集をしました。
すると、愛人に興味があるというOLから連絡があり、まずは会って食事でもしながら話をしてみて、愛人契約をするかどうか考えようということになりました。
この時点で私はあまり期待していませんでした。
愛人に興味があるなんて派手な女だろうと考えていたのですが、待ち合わせ場所に現れた彼女は思いの外清楚で、私の好みのタイプで一目で気に入ってしまいました。
こんな可愛い子なら、何も愛人を作らなくとも貢いでくれる男はいくらだっているだろうと思える程でした。
中年太りの妻とは違い、少女っぽさの残る華奢な体にもそそられました。
一人暮らしの彼女は昼間の給料だけでは生活が苦しいらしく、欲しい物も思うように買えない暮らしに嫌気が差して風俗でアルバイトしようか迷っていたそうです。
そんな時、友達から愛人募集をしているサイトがあると教えてもらったそうです。
不特定多数の男を相手にするより、一人の信頼できる男と関係を持つ方が安心だと思ったのだと言っていました。
確かに昼間OLをしているのならば、風俗店に会社関係の男が来ないとも限りません。
お互い様々なことを話し、彼女も私を気に入ってくれたようでその場で愛人契約を締結しました。

彼女が「今日からでいい」と言うので、その後ホテルへ向かいました。
別々にシャワーを浴び、彼女の身に着けていたバスローブを剥がすと小さめの胸が露になりました。
乳首は驚くくらいピンク色で可愛らしく性欲の溜まっていた私は思わずむしゃぶりついてしまいました。
恥ずかしそうな顔であえぎ声を我慢する彼女が可愛くてたまりませんでした。

あれから一年近く経ちますが、恥ずかしがっていた彼女の姿は今はなく、彼女の方から私の上に乗って腰を振るまでに成長しました。
ちなみに私が彼女に渡しているのはOLの給料とほぼ同額です。

35歳既婚男性飲食店店長の愛人契約体験記

貧乏とはではいかないけれど、決して潤沢な資金があるわけでもないわたしがひょんなことから愛人契約を持つことになりました。
相手は自分が店長している飲食店のアルバイトの19歳のカナコ。
とても可愛いカナコはバイト仲間からも注目を集めているぐらいの人気者、見た目の良さといい性格の良さといい、また妙にエロいスタイルしていることもあり引く手あまたって感じでした。
常に彼女と話そうとする男たちを従えている、そんな印象がありましてね彼女も決して嫌な気持ちではなかったようであります。
仕事も真面目ですし言うことなしのバイトでした。
あるときとても落ち込んでいまして普段見せたことのない表情でしたので店長として心配になってしまいましてね、「どうしたんだ」と訳を聞くと付き合っていた彼氏が浮気してサヨナラを言われたと言うんですね。
その日早上がりだったこともあり彼女を食事に誘い元気づけようとしてんですが、それがきっかけで愛人契約みたいな形になってしまいました。
仕事の関係で単身赴任のようになっていまして妻とは別々の生活をしていたのですが、お酒の勢いもありましたから彼女を部屋にあげて抱いてしまったのです。
若くて可愛いそして涙ぐんでいる女性って魔物ですよね、そんな魔力に惹かれてしまいついつい手を出して。
それからはいくらか支払って自分の愛人にしてしまったのです。
バイトの日数を減らして、その分わたしの住んでいる部屋に遊びにこさせまして肉体関係や恋人ごっこを楽しんでいます。
カナコのバイトのシフトが減り他のバイトは悲しんでいますけれど、わたしはとっても満足していますよ。