カテゴリー別アーカイブ: その他

乳首イキ

 キャンパスの女友達、玲香が俺の住むワンルームマンションに遊びに来た時のことでした。
酒を飲みながら話していたせいか、下ネタで盛り上がるようになりました。
「玲香は乳首イキとかある?」
「ナニそれ?」
「乳首で絶頂感じるやつ」
「ありえないでしょうオッパイで」
「ところが、実際乳首イキってあるんだよ」
「嘘だね」
「ガチだよ!、俺も前のセフレで、やった事があるんだよ」
「絶対うそ」
「なら、試しにやってあげようか?」
もちろん冗談交じりでしたけどね、玲香は「いいよ」なんて返事くれちゃって、ビックリ仰天でした。

 夏の暑い日だったから、玲香はTシャツ。
Tシャツの上から、彼女のオッパイをゆっくり触っていきました。
ちなみにこの子、Dも乳房の膨らみがあるから、揉み応えは凄い。
しばらくシャツの上から触った後、ブラをずらす。
すでに勃起している乳首が、Tシャツに浮いていました。
Tシャツの上からコリコリ乳首を責めて行く。
「いい感じするだろう」
「う、うん」
相互オナニーを続けていたオナ友とセフレになる瞬間を体験
「乳首イキとかありじゃね?」
「分かんないよ…」
たっぷりと服の上から刺激をした後は、Tシャツの中に手を突っ込んで、直接彼女の乳首を刺激。
「はぁん、もう、変な気分だよ」
「ほら、乳首イキしていいんだぜ(笑)」
「いきなりなんて無理(笑)」
「そんじゃ、クリちゃんも弄ってあげるからさ」
強引に彼女のパンツの中に手を突っ込む。
「やだ、もう(笑)、それ反則じゃない」
そう言いながらも抵抗はしないのです。
玲香の乳首とクリを同時に責めて行く。
彼女の息遣いがかなり荒くなっていました。
オマンコだってびしょ濡れだし、しばらく同時に責めて行くと「逝く」って、絶頂に達してしまいました。
「どうせなら、挿入もさせて」
「挿入はダメ、今日は危険日だから」
「じゃ、口で抜いて」
「いいよ」
あっけなくフェラは許可。
玲香のこってりフェラで、思いっきり口内射精させてもらいました。
チクニー
チクニー

JKとの援助交際

JKとの援助交際の利点は、相手がバカってことだよな。
それに、いくらエッチの経験があるって言っても、所詮JKだかさ、まだ体が開発されてなかったりすんのよ。
それを一から調教して、俺好みのエロい女に仕上げるのも楽しかったりするわけ。
教えれば、アナルも喜んで提供してくれるしな。
大人の女だったら、なかなかキワモノでもなきゃアナルまでOKしてくれないでしょ?
そういう知識不足なところを言いように言いくるめて、調教できるのがJKとの援助交際の利点かなと思うね。
相手に寄るだろうけど、金も最初はちゃんと払うけど、その後はナァナァで払わなくなっても別に何も言わないしね。
援交しているJK
まだ子どもなんだよね。大人相手に金巻き上げてても、所詮子どもの浅知恵なんだよ。
JKとの援助交際なんて、へたすりゃこっちの身が危ないけど、相手を選べば逆にラクだよ。
適度にエッチに慣れたJKで、ガードも低いのがいいね。
JKとの援助交際をする男をバカにしてるような子だと、俺みたいに調教目的の男に対しては、結構従順だったりする。
色々教えてもらえる!気持ちいい!他の女の子より一歩先を行ってる!みたいな優越感を味わえるんじゃない?
こっちは、それで美味しい思いをしてるわけだけどさ。
JKとの援助交際でも、割り切りとか不特定多数の男を相手にしてるような子だと、いずれ足がつく可能性も否定はできないけど、俺だけを相手にさせれば、そのリスクも半減するし。
慣れれば、自宅に連れ込んだっていいわけだしね。
ワリキリ掲示板
デート援