パトロンとは

私はパチンコ屋でアルバイトをしています。働き始めて3年が経ち、お客さんからも可愛がられています。「まりちゃん、前回パチンコで勝ったお金でまりちゃんが欲しがっていた財布あげるよ。」「嬉しい。でも他のスタッフにはあげたことを内緒にしてね。」「もちろん。俺はまりちゃんのパトロンだからね。」パトロンとは何だろうとこの時思いましたが、パトロンとは何とあえて聞かずに私はそのプレゼントに心から喜びました。

それから数ヶ月後の事でした。そのお客さんがやけに沈んだ顔になりながらパチンコをしていました。「どうかしましたか。」「俺はもうまりちゃんのパトロンには慣れないかも。」パトロンとは何かまだ分かっていなかったけれど、多分、私に支援してくれる人かと思い話を合わせました。「パトロンなんていりません。また、元気な姿を見られればそれだけで十分ですよ。」「本当にまりちゃんは良い子だな。俺のこと好きか。」「はい。」その返事に喜んでいるお客さんだけど私は店と客という付き合いでの意味でした。
パトロン

ところがお客さんはそう受け取ってくれなく、この日を境に毎回デートの誘いをするようになりました。予定があると言っていつも断っているけれどそれも限界を迎えました。しまいには婚姻届まで持ってきて私は恐怖に感じました。

後日、店長に私が店を辞めるか、お客さんの出入りを禁止するかを決めてもらい、お客さんの出入りを禁止してもらいました。だけど、店の外で待ち構えたりするので恐怖が続いています。
パパ活掲示板
パトロン募集